幻想的で美しいくらげのエリア

京都水族館には、いろいろなテーマが設定されたエリアがあって、どれも特徴があって面白いのですが、個人的に一番好きなのはクラゲのエリアです。

照明が暗くされていて、クラゲがライトアップされて暗闇の中に光る物体が幻想的に浮かび上がってゆらゆらと揺れています。

半透明のクラゲの体が宝石のように光っていて、美しくて見とれてしまいます。

光り輝く京都水族館のクラゲ達の画像

子ども達はあまりクラゲには興味ないようですが、記念に撮影。

クラゲを見て喜ぶ子ども達の画像

クラゲのエリアは子どもと行くよりも彼氏や彼女と行くと良しでしょうね。

いろいろなクラゲ

くらげと言ってもいろんなクラゲがいます。

京都水族館にも、たくさんのクラゲが展示してあるので、とっても勉強になります。

いろいろなクラゲ達の画像1

足がすごーく長いクラゲもいます。

いろいろなクラゲ達の画像2

ちなみにクラゲのいるエリアは、正式には「海洋ゾーン」という場所です。タコなどの無脊椎動物がいる場所に展示されています。

海の生物とか、無脊椎動物とか、きちんとカテゴリー分けされているので、それらも意識して見て回ると生物の知識も身に付きます。